我が家でのうさぎ との暮らし方

↓うちの子です。

うさぎ ちょこ

色々な画像を上げているので我が家のうさぎの写真はこちらをご覧ください

我が家のうさぎの動画はこちらです

うさぎ と暮らすうえでやっていること

毎日やっていること

  • ごはんを補充
    • ペレットは朝と晩にあげる
    • 牧草(チモシー)は朝に補充
  • 水の交換
    • ボトルを簡単に洗って、水を入れる
  • トイレ掃除
  • 健康チェック
    • うんちチェックと変わったとこがないか確認しています。

毎週やっていること

  • 食器の洗浄

1ヶ月〜2ヶ月に1回くらいやっていること

  • ケージの掃除
  • 爪切り

快適な環境

  • 温度管理
    • 18℃~24℃(湿度は40~60%がいいらしいが、湿度コントロールは難しい)
    • 人間が暑いと感じたら直ぐにエアコンONしています
  • 飼育場所
    • 直射日光はNG、風通しの良い場所が良い
    • 人が常にいる場所だと、人に慣れるのも早くなり、遊ぶ時間も作りやすくなる
    • 落ち着いて過ごせるように、出入り口は避ける
    • お香、香水などはNG
    • お迎えし1週間はケージの中から出さないようにした
      • この1週間で本拠地がゲージであることを覚えさせる
        • お迎えして直ぐに部屋に出しちゃうと、部屋が本拠地だと思い、ケージの中でおしっこを我慢したりしちゃうそう

うさぎ のごはん

  • 牧草
    • チモシーとも呼ぶ
    • 基本的にずっとこれを食べてる
    • うさぎの毛が胃に溜まる毛球症の防止に役立つ
  • ペレット
    • うさぎ専用の餌で、うさぎに必要な栄養素が凝縮されているごはん
      • 朝と晩、2回あげる
  • おやつ
    • 少量をたまにあげる。我が家では2日に1回くらい少量をあげています。
      • おやつを覚えさせておくことで、病気で牧草・ペレットを食べない時、おやつなら食べるということがあるらしい

牧草(チモシー)とペレットが主食、特に牧草(チモシー)はいつも食べてる。

おやつは、病気の時に備えて覚えさせておく程度。あげすぎると牧草を食べなくなり、病気になりやすくなる

うさぎ の運動

  • へやんぽ
    • 室内でのおさんぽのこと
  • うさんぽ
    • 屋外へ連れ出しておさんぽすること

うさんぽは、ストレスになることもあるのでやらなくてもいいとか

へやさんぽは、一度へやさんぽをさせた子には定期的にさせてあげる

ただし、ケーブルや家具などをかじってしまうので、サークルを付けるなどの対策が必要

ずっとケージで飼っている場合は、へやさんぽもしなくてもいいらしい(可哀想な気もするけど…)

うさぎにとって一番居心地がいいのはケージの中だそう(本当にそうなのか聞いてみたい)

我が家ではサークルとケージを連結させ、いつでもサークル内のうさんぽをできるようにしています。

うさぎ の性格・特徴

  • 草食動物なので、警戒心は強い
    • けど、時間が経てばなつく
      • 警戒心が強いこがなついてきたら可愛すぎる
  • 明け方と夕方が活発
  • 撫でられるのが好き、抱っこは嫌い
  • 怒ると足元をダンダンさせたりする
  • キレイ好きなので基本的に臭くない
  • 毛は抜ける、特に春と秋は換毛期という生え替わりの時期がある
  • 体の裏側、お腹とか口下とかを触られるのが嫌い
    • 頭に心地いいツボがあるとかで、頭を撫でられるのは好き
  • お尻を触られるのも嫌いみたい。お尻を触ると逃げられます

うさぎの視覚・聴覚・嗅覚

うさぎの視覚

  • 視覚範囲は360°
  • 視力は0.05程度
  • 薄暗い中でも見える
    • 視野は広く、薄暗くても見えるけど、視力は弱い感じ

うさぎの聴覚

  • 敏感
  • 小さな音も聞こえる
  • 大きな耳だから、よく聴こえるのかな

うさぎの嗅覚

  • ちょっとした臭いにも敏感

視野は広いけど視力は弱い。聴覚・嗅覚は敏感。草食動物らしい感じ

うさぎの寿命・値段

大体8年くらい

4~8万円くらい

専門店で購入すると高いけど、購入後の相談ができるから専門店での購入がオススメ